えっ?!冬の脇汗、夏よりクサイ?悩まずに相談しよう

夏はたくさん汗をかくので、皆さん、多少なりとも脇汗対策をしていることでしょう。

それでは、冬はどうでしょう?

思っている以上に冬場はキツイ

冬のワキガ対策
人間は、1日に1リットル以上の汗をかくと言われ、冬でも人間はコップ一杯以上の汗をかいているんです。

それにも関わらずほとんどの人が「冬の汗」対策はしていないのではないでしょうか?

実は、夏にかく汗より冬の汗の方がずーっとニオイがきついのです!

その原因は主に2つありますが、1つめは、夏より冬の方が汗をかくことが少なく、汗腺機能の働きが鈍くなっていることがあげられます。

私たち人間は、汗腺から汗をかくのですが、冬はそもそも気温が低く汗をかくことが少なくなってしまうので、汗腺機能の働きがどうしても鈍くなるんですね。

汗腺から出る汗にはいくつかのニオイの元となる成分が含まれていて、汗をかかないことによってこれらのニオイの元となる成分が体内に残りやすくなっています。

もちろん夏の汗にも、このニオイの元となる成分があるのですが、夏は汗腺の活動が活発なので、上手に吸収して外に放出する際には水分に近く蒸発しやすい汗を出すので、ニオイが残らないのです。

もう1つニオイがきつくなる原因として、衣服にニオイがこもりがちになるからです。

冬はどうしても厚着になってしまい、さらに保温効果も高い衣服が多く、蒸発しにくく高温多湿な雑菌が好む環境を作ってしまうからです。

また冬は、セーターなどデリケートな衣服が多いうえに、汗をかかないからと言ってあまり洗わない人もいますが、目に見えない雑菌や汗が付着しているので冬のニオイがこもりやすいときそ、こまめに洗濯をしましょう。

冬こそしっかりデオドラントで対策を

冬の汗、ニオイがきついなと思っている人は、冬こそ制汗剤を積極的に使うことをおすすめします。

スプレータイプはひんやりしやすいので、冬に使うのはちょっと抵抗がありますね。

冬はロールオンタイプやスティックタイプがよいですね。

あとは、ニオイの改善として、汗腺の働きを活発にさせるためにも、入浴や運動などで、寒い冬場でも汗をかく習慣を身に着けるとよいですね。

冬は忘年会などの飲み会も多く、食生活のバランスにも気を付けたいところですね。

冬だから脇を露出する機会がないからといって、わき毛の処理をしないのもダメですよ。

わき毛も脇の下を蒸れさせる原因となります。

ただでさえ、蒸れやすい冬、ちゃんと処理しましょうね。

あまりにも脇汗がにおう、量がおかしいと感じている人は、ひとりで悩まずに医療機関に相談してくださいね。

コメントする