洋服に黄ばみが出ないようにする正しい予防法は?

防止する方法

洗濯しても中々とれない洋服の黄ばみ。

色々駆使して洗ってやっと綺麗になったと思ったのに、またすぐに現れてきたり・・・・・・。

そんな黄ばみを防ぐ方法について書きたいと思います。

そもそも襟の黄ばみは、皮脂などの汚れが蓄積し、空気に触れて酸化してしまった状態なんです。

ですから皮脂の付着を防ぐことや保存環境を整えることが大事になってくるんです。

こまめに汗を拭く

わりと根本的な解決方法です。ハンカチなどを常備し、こまめに首元などを拭いて汗や皮脂の付着を防ぎましょう。

夏場は襟元も腕まくりで蒸れないようにするといいでしょう。

ベビーパウダーを塗る

赤ちゃんのお尻とかに塗るベビーパウダー。

汗疹を防いでくれます。

これを着る前に黄ばみの気になるところにさっと塗布すれば、制汗剤代わりになってくれて汗や油を吸収してくれます。

ベビーパウダーは水に溶けやすい性質があるので洗濯で落ちやすいという利点もあります。

薬局等で簡単に買うことが可能です。

のりを吹きかける

アイロン用のりを使用すれば、コーティングされ黄ばみが着きにくくなります。

洗濯後のアイロン時に衣服の気になるところに吹きかけましょう。

ただ、わりとパリッとなりやすいので、柔らかいデザインのシャツなどにはおすすめしません。

汚れ防止テープをしようする

襟に貼り付け汚れをガードするテープが販売されています。

無色透明の目立ちにくいものです。

サラサラパウダー加工や、抗菌防臭効果など種類も選ぶ事ができます。

襟元と地肌をテープでブロックしてくれるので皮脂の付着を避けられます。

救急箱などにあるサージカルテープ(包帯を止めたりするテープ)でも代用できるようです。

洗い残しに注意する

襟元が気になるからといって、丁寧につけた石鹸や漂白剤、蛍光剤などが洗い残されたままになっていると、それも汚れと変わりません。

酸化して黄ばみの原因になってしまいます。

しっかり洗い流すことを心がけましょう。

保存環境を整える

酸化の仕組みは切った林檎が放置されて変色するのと同じです。

それゆえに保存環境にも大きく作用されます。

高温多湿の空間での保管は避けましょう。

特に梅雨や夏は風通しの良い場所を探してこまめに洗濯しましょう。

使わなくてもどんどん黄ばんでいきます。

締め切るクローゼットなどには除湿剤等を置いたり、適度な喚起を行いましょう。

お気に入りの服を長く愛用するためには、黄ばみを作る前に対処する方法を理解する必要があるのです。

コメントする