繊細なレース生地の洋服にうっかりできた汗ジミをどうしたらいい?

繊細なレースの黄ばみ

女性の方なら白のレース地の洋服を持っている人も多いでしょう。

可愛らしい服だけに中々使えず保管しており、いざ出してみたらびっくり!

凄い黄ばんでる!

なんて経験がある方もおられるかと思います。

ちゃんと保管しておいたのに何故黄ばんでいるのか?

黄ばみは汗や皮脂などの汚れが空気に触れて酸化し現れたものです。

なのでオフシーズンになってしまう前には必ず丁寧な洗濯が必要になります。

更に保管場所も除湿剤・防かび剤などを置いて酸化の進みを遅くする配慮が必要になります。

そうはいってもできてしまったレースの黄ばみ。

スッキリとりたいですよね。

できてしまった黄ばみを対処する方法ももちろんあります。

けれど繊細なレース生地なので注意する点もいくつかあります。

その点を抑えながら洗い方を書いていきます。

具体的なレースの洗浄法とは

レースの全体的な黄ばみを落とすなら適切な洗濯を行いましょう。

なるべくなら手洗いで行うことをオススメします。

今回は手洗いの場合を書きます。

洗面器にお湯を張り、生地素材にあった適切な洗剤をいれましょう。

塩素系は漂白効果が強く生地が痛みやすいので避けましょう。

ゴシゴシ洗濯は避けましょう。

押し洗い、または降り洗い優しく丁寧に生地を洗います。

すすぎはつまむように洗いましょう。

洗剤が残っているとそれも酸化して変色し黄ばみの原因になってしまうので避けましょう。

脱水についてはぞうきんのように絞ってはいけません。

乾燥機もおすすめしません。

タオルなどに挟んで優しく行いましょう。

干す場合は直射日光は避け、干しましょう。

部分黄ばみが気になる場合は、重曹で落とすといいです。

重曹と酸素系漂白剤を混ぜ、気になる部分に塗り込みます、それからスチームアイロンややかんの蒸気などをあてると汚れが浮いてきます。

汚れが取れたら、すすぎで洗い流しましょう。

ここも洗い残しができないように注意しましょう。

残るとさらに黄ばみが酷くなる可能性があります。

摩擦、化学製剤、紫外線、とにかくレースは繊細です。

他の洗濯物とごった煮で洗うとほつれの原因にもなりかねなかったり、とにかく気を遣う服です。

だけど、レースはとっても可愛いです。

女の子らしさのつまった服は自分の服であったり、もしくは娘さんの服かも知れません。

どちらにせよ、大切に長持ちさせ続けたいものです。

どうしても傷つけたくないならプロのクリーニングに任せてみるのも良いと思います。

オフシーズンの前にクリーニングに出し万全の状態で保管するというのもいいかもしれません。

コメントする