洋服の黄ばみは何故できる?

黄ばみは酸化

洋服の黄ばみの原因はずばり「酸化」です。

酸化とは空気に触れた汚れが時間と友に変色してしまうことです。

わかりやすい例で言えば、半分に切った林檎を放置しておくと段々色が変わります。

あれと同じように衣類に蓄積した汚れが、空気に触れて黄色くなっていくんです。

洋服の黄ばみは酸化!それを防止する方法

衣類の汚れ、とは皮脂汚れだけではありません。

皮脂汚れももちろん一番の原因ではあるのですが、黄ばみを落とそうと使った石鹸や洗剤の洗い残しなどがしっかり洗い流せていない場合も汚れになってしまうんです。

そのためよかれと思って首や袖にいろんな漂白剤や重曹などを使っても、それが洗い流し切れていないと逆効果になってしまいます。

特に多くの洗剤に含まれる蛍光増白剤は、付着したままだと黄ばんで見えやすいので注意が必要です。

ちなみに、「蛍光増白剤」で「増」と書いてあるように、衣服にはもともと蛍光剤がほどこされています。

そのため、クリーニングを何度も繰り返していくうちに蛍光剤が剥がれ、黄ばんで見えやすくなります。

それから林檎で想像していただくとわかりやすいのですが、保存場所も黄ばみの促進にかかわります。

クローゼットの中などはどうなっていますか。

高温多湿な場所に放置しておくと汚れはどんどん酸化していきます。

紫外線などの外部要因でも酸化が起こる

それから日光の紫外線も、酸化を進めていきます。

「冬だから汗をかかないし大丈夫」と思っていても、冬の間の保存場所によってはどんどん酸化しており、久々に出したら黄色くなっていることもあります。

もちろん夏は、皮脂汚れや汗をそのままに保管していけば、黄ばむどころか生地が弱っていったりします。

生地の繊維がバラバラになり脆弱になるのでこうなってくるとシミ抜きもままなりません。

穴が空いて服ごとおじゃんになる可能性だってありえます。

そうなってくると、洗い残しがあったら怖いから全部クリーニングに出してしまおうと考える方もおられるでしょう。

もちろんそれもかまわないのですが、たまにクリーニングにだしていざ着ようとおもったらシミをみつける事がありませんか。

「落ちてないじゃん!」と思うかもしれませんが、クリーニング屋が手を抜いているわけでもないです。

クリーニング方法によっては完全に落ちない汚れももちろんあります。

それが保存方法によって酸化して結果黄ばみとなるのです。

衣服の黄ばみは、汚れを徹底的に落とし、適切な保管場所を確保することである程度は防ぐことができるので、意識していくことをオススメします。

1件のコメント

コメントする