洋服の黄ばみに効果的な漂白剤!2種類それぞれの効果について

黄ばみには漂白剤

頑固な洋服の黄ばみを消したいとき、頼りになるのが漂白剤です。

しかし、やたらめったら使えばいいというものでもないかもしれません。

漂白剤の種類を考えて使うこと

そもそも漂白剤には2種類あります。

酸素系漂白剤と塩素系漂白剤です。

まずはその違いについて書いていきます。

酸素系漂白剤

一般的な家庭で使われている漂白剤です。

漂白力は塩素系より弱いですが繊維に優しく、柄物などにも使用できます。

除菌・殺菌力があり正しく使えば高い漂白効果がえられます。独特のにおいなどもなく使いやすいです。

液体と粉末タイプに分かれます。

毛や絹などの動物繊維には使用不可です。

液体タイプ

主成分の過酸化水素と香料、界面活性剤などが使われています。粉末タイプより漂白力が弱いですが、使いやすいタイプです。

粉末タイプ

主成分の過酸化ナトリウムが水に溶けて強い漂白力を発揮します。

つけ置きなどをする際には粉末タイプが有用でしょう。

こちらは毛や絹などの動物繊維でも使用可能です。

ちなみに液体タイプも粉末タイプも金属の漂白はできません。使用すると腐食をすすめてしまうので注意しましょう。

塩素系漂白剤

いわゆるハイターです。

塩素はトイレやお風呂のカビ取りによく使われる成分です。

そのため漂白力、除菌・殺菌力ともに酸素系漂白剤より強力です。

そのため衣類に使うことは中々ありませんが、真っ白なYシャツ等には使えます。

色素成分が破壊されてしまうため色柄には使用できません。

塩素臭もあるので洋服に使うにはハードルが高めです。

ちなみに金属にも使用不可です。

これにあわせて「蛍光剤」というものもありますが、これは白く見せるためのものですから、漂白剤とはまったく違ったものです。

注意しましょう。

一般的に酸素系漂白剤を使用して洗濯することが多いです。

その場合には温度に注意しましょう。

塩素系漂白剤は40~60℃の間でのみ強く効力を示します。

以下でも以上でも効力は格段に下がりますので必要なポイントとして押さえておきましょう。

普段のお洗濯にプラスするだけでも洗いあがりに差がでます。

全体的な汚れを落としたいながらつけ置き後に普通に洗濯するより黄ばみがとれるでしょう。

頑固な部分汚れには、黄ばみ部分に漂白剤を塗りスチームアイロンを押し当てるという工程を繰り返すとだんだん薄くなってきます。

薄くなったらいつも通り洗濯しましょう。

正しい漂白剤の使い方をマスターして、より綺麗にお気に入りの洋服を保っていきましょう。

コメントする