ワキガの原因はアポクリン腺だけなの?

ワキガだとニオイが気になって、外出したり人と会ったりするのがイヤになりますよね。

重症になると仕事に支障がでることもあります。

身体の原因を探る

原因を探る
ワキガ独特のニオイの原因はアポクリン腺という汗腺から出る汗です。

汗が出る汗腺はアポクリン腺とエクリン腺の2種類です。

エクリン腺からでる汗の主成分は水なので、ほとんどニオイがありません。

98%が水、残りはごくわずかな塩分やミネラルなんです。

乾きやすいし、乾いた後の肌はサラサラしています。

でも、アポクリン腺から出る汗には脂肪酸、アンモニア、鉄分など臭いが出る物質であるワキガの原因が含まれています。

アポクリン腺に含まれている脂肪酸が、お肌の常在菌によって分解される際、独特の臭いが起こります。

エクリン腺から出る汗と違って、乾きにくくてベタベタするのが特徴です。

ですから、ワキガの人にはアポクリン腺が大きく、人より多いという傾向が見られるようですね。

人よりも多くアポクリン腺から汗が出るのでワキガ特有のニオイが発生するんです。

エクリン腺は体中にありますが、アポクリン腺はワキ、デリケートゾーンや乳首、そして外耳道といった特定の部分だけに存在します。

だから、ワキガの人は耳垢が溶けたキャラメルのようにネチャッとしています。

そもそも何の為に存在するの?

人間にとってはイヤなアポクリン腺。

でも、動物にとっては異性を惹きつけたり、縄張りを示すためのフェロモンを出す重要な部分。

人間にとってもアポクリン腺から出る汗は一種のフェロモンのような役割があると言われています。

実際、誰にでもアポクリン腺はあるし、赤ちゃんのときからあります。

アポクリン腺の働きを活発にするのは性ホルモン。

だから、子供の時はニオイがしないのに、思春期になってからワキガを発症するんです。

女の子の場合は、初めての生理を迎えるころにワキガを発症するケースが多いんですよ。

また、女性ホルモンの影響が活発になる妊娠、出産などの時期にワキガの症状が出る女性もいます。

でも、それはたいてい一時的なものなのでそれほど心配はいりません。

そして、女性の場合は、更年期以降は女性ホルモンの分泌が極端に減るので、ワキガの症状が収まったり、軽くなるケースが多いようです。

アポクリン腺から出る汗が原因なので、汗の分泌を抑えるため制汗剤を使用したり、皮膚の常在菌を減らすためにワキをこまめに拭いて清潔にすることでニオイをかなり抑えることができます。

ワキ毛が生えていると蒸れて菌が繁殖しやすいので、ワキ毛を処理するのもおすすめですよ。